forex

海外FXの初心者必見! ブローカーに1万円を入金した取引について!

XMなど海外FXの最大メリットはご存知ハイレバ取引ですよね。投資にあてる軍資金が少なくても高いレバレッジで、ブローカーに少額入金で取引を始められます。それどころか、ボーナスキャンペーンを活用すれば、それこそ無料・入金0円投資生活も可能となる程です。それでも、現実的にはいくらぐらいを入金する投資家が多いと思いますか? 数十万や100万円ぐらいとする一方、最初は1万円だけを入金する人も大変多いのです。そこで、海外FXブローカーであるXMに1万円を入金した場合の取引方法や最大ポジション枚数、利益や損失について解説をさせて頂きます。

●1万円(100ドル)入金の取引はどんなものか?

最初に1万円入金に対応しているブローカーを知らないとダメですよね。これは、「最低入金額」というもので、大抵の海外FXブローカーは各口座にもよりますが、100ドルからとなっています。中には驚きの1ドルから、また最低500ドルやそれ以上からとなっている場合もあります。

海外FXの代表であるXMの最低入金額は、

 ・マイクロ口座&スタンダード口座…5ドルから

 ・XM Zero口座…100ドルから

FBSの最低入金額は、

 ・セント口座…1ドルから

 ・マイクロ口座…5ドルから

 ・スタンダード口座…100ドルから

iForexの最低入金額は、

 ・スタンダード口座…100ドルから

この様になり、それぞれのブローカー毎の各口座によって、最低入金額は違ってきます。そして、現在の米ドル/円は約108円(2020月6月前半時)なので、厳密には100ドル入金には約10800円となります。その点はご理解下さい。

今回は全ブローカーと各口座を調査していませんが、大半で100ドルを入金すれば500倍や1000倍のレバレッジ取引が可能となります。一部ブローカーでは、1000ドル入金で最大レバレッジ400倍などのケースもありますが、その場合でも別口座で対応となっています。

XMに1万円入金した場合の取引例

~スタンダード口座で米ドル/円取引 最大8万枚(0.8ロット)可能~

スタンダード口座は最大レバレッジ888倍です。よって、1万円で888万円分の取引となります。現在の米ドル/円の値が約108円なので、1万枚(0.1ロット)の取引に必要な証拠金は約1216円(108円×1万枚÷888)です。8万枚の証拠金が約9700円なので、最大で8万枚(0.8ロット)まで取引可能です。

よって、1万円を入金した場合は…最大8万枚(0.8ロット)の取引となります。

因みに国内ブローカーはレバレッジ25倍なので、1万枚取引に必要証拠金が約4万3200円、8万枚取引には約34万5000円が必要となります。

~スタンダード口座で米ドル/円取引 8万枚での利益と損失~

続いて、8万枚取引での利益と損失です。米ドル/円が108円00銭として買い建て8万枚のポジションを持ち、それを108円10銭で決済した場合は、10pipsとなるので、(108.10-108.00)×8万枚=0.8万=8000円の利益となります。よって、1万円の証拠金で8万枚取引で利益8000円は大変効率が良いです。証拠金残額は1万8000円になり、次は14万枚での取引が可能です。

しかし、利益の反対である損失も考えるべきです。同じく米ドル/円を108円00銭で買い建てした8万枚を107円90銭で損切りした場合は、マイナス10pipsとなるので、(107.90-108.00)×8万枚=-0.8万=-8000円で、8000円の損失となります。すると、証拠金は2000円(1万円-8000円)となりますが、注意点があります。

 ・スタンダード口座の証拠金維持率…20%以下でロスカット

 ・スタンダード口座の米ドル/円スプレッド…約2.0pips

この二つがあるので、実際には1万円を入金した証拠金1万円でレバレッジ最大888倍の8万枚ポジションで10pipisの損切りは出来ません。その前に強制ロスカットをされてしまいます。米ドル/円はスプレッド約2pipsがあるので約6pipsが反対に動くと計8pipsとなり強制ロスカットで、証拠金残額は約2000円となります。

これを知ると、海外FXは危険と思うでしょうが、今回は飽く迄も1万円入金のハイレバで最大ポジションを取った場合となる事を理解して下さい。例えば、ポジション数を2~3万枚にしたり、XM Zero口座を使うと米ドル/円のスプレッドは0.1pipsとなるので、今回の例は当て嵌まりません。